プラセンタ注射,プラセンタ点滴体験日記
口コミ健康美容情報 ⇒ キレイになりたい


無料ストレスチェック!

スポンサードリンク

プラセンタで健康

プラセンタでインターフェロンの副作用をなくした

  プラセンタには副作用を抑える効能があります

ウイルス性肝炎は、肝炎ウイルスで感染します
慢性化したウイルス性肝炎には、インターフェロンを投与する治療が行われるのは周知のことでしょう
しかし、インターフェロンには副作用が多く、発熱・嘔吐・脱毛・頭痛・うつになってしまったり・・・
この副作用を心配して、インターフェロンを拒否する人が多いのも事実のようです

プラセンタは、このインターフェロンの副作用を軽減してしまう働きがあります
インターフェロンと同時にプラセンタ治療も行った人には、何故か副作用がほとんど起きずにウイルス性肝炎を完治させたそうです

プラセンタ療法を始めてからは、徐々にGOT・GPTが下がり始め、プラセンタのみの治療を1年半続けたところでインターフェロンを始めました
すると、まったく副作用は起きずにウイルス性肝炎が完治したそうです
その後もプラセンタ療法は続けていて、肝機能は完全に正常のままということだそうです

プラセンタには、肝臓に直接働きかける作用のほかにも、様々な全身的な作用が認められています
それらが全身を調節するので、副作用も抑えられるのだろうと言われています
完治がむずかしいと言われるウイルス性肝炎に、インターフェロンと共にプラセンタという強い味方がいることも覚えておきたいものですね

   プラセンタで更年期障害を改善@アトピーにもプラセンタ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバック


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。